どんなもの?

私設年金とは、自分の老後の為にお金を残せるようにすることです。
人によっては、預金と同じではないのかと思うかも知れませんが、預金は自分が働いたお金を銀行などの預けておくお金です。
ですから、働かないと預金することはできませんし、預金した金額が何もしなくても増えるということはありません。
だから、預金しておくことも大切ですが投資などを行なって安定した収入を得られるようにしたほうがいいのです。
このようなことでお金を残すことが私設年金と言われていて、確実に自分の元へ入ってくるお金ということになります。

私設年金は、お金を残せるようにする環境を整える為に準備しないといけません。
準備を行いだす時期は、30代や40代、早い人であれば20代から行い始めます。どんな準備なのかといえば、投資するのならそのことに対して知識を身に付けることが大事です。
どんなことでも投資を行なうとなれば、その為に資金は必要となります。例えば、不動産投資でマンションやアパートを運営するとなってもそれらの建築物を用意しないことには始められません。
これらの建築物は、一般家庭の一戸建てを購入するようにローンを組むことはできますが、ローン返済することも考えて不動産投資を行わないといけないことになります。
ですから、私設年金の為に不動産投資するにしても急に始めるのではなくて知識などを得てから準備を行なって始めるのがいいでしょう。
そうすれば、自分の将来は私設年金で安定した生活を送れるようになります。